余計な出費をしないように。
考えておきたいことがあります。
治療が終わったら、定期健診に通うという流れになっていますが、歯医者さん選びをする時に、定期健診があるかどうか?
確認もしておきましょう。
早期発見が何事も大事と言われていますが、もし発見をすることが出来ず、せっかくはめ込んでもらったのに使い物にならなくなっても意味がありませんね。
定期健診に通うとなると、状態を診てもらうことが出来るため、何かあった時にすぐに対応をしてもらえることになります。
大切につかっていくためにも必要なことですね。
後は、保障期間についても考えておきましょう。
これは歯医者さんによって違います。
ボルトの部分と、上の被せ物の部分があります。
例えばボルトの部分は3年間保障があります。
上の被せ物に関しては1年間の保障です。
と決められています。
保障は万が一、不具合があったときにやり直しをしてもらえるというためのものですが、定期健診に通っているということが条件になってきます。
1か月後に来て下さいと言っていたのに、忙しいからと言って健診を受けなかった。
ずいぶん遅れて健診を受けたところ、不具合があることが分かった。
という場合には保障がききません。
注意をしたいですね。
また毎日歯磨きをするようにしましょう。
自分の歯と同じです。
綺麗に汚れをとるようにして、清潔な状態を保つようにしましょう。
これも長く使っていくための方法になりますよ。
きちんと定期健診を受けている、毎日ケアをしているという状態で、万が一のことがあれば保障をしてくれます。
この保障についてですが、出来るだけ長い方が安心ですよね。
また保障はつけていないという歯医者さんもあります。
そして保障の内容についても確認が必要です。
故障をしてしまった場合には保障をするとか、全てが保障されるということではないからです。
保障内容に不安を感じるようであれば、別の歯医者さんを選ぶというのも良い方法だと思います。