定期健診ですとか、歯茎から血が出てしまったとか、もしくは歯の調子が悪いと思って、近くの歯医者さんに行ったところ歯を抜かなくてはいけないと言われた。。。
大切な歯を失ってしまった際には、生活が変わってしまうといっても過言ではないと思います。
歯は一生の付き合い。とも言われています。
では歯を抜いてしまったから、そのままにしておいても良いのでしょうか?
歯が1本ないだけで、食べものが食べにくくなったりですとか、必ず支障が出てきてしまいますね。
そこで、歯を補てんしたいと考えるかと思うのですが、現在色々な治療の方法が行われています。
入れ歯については知っている方が多いでしょう。
部分的に入れる入れ歯と、総入れ歯との2種類があります。
部分入れ歯の場合ですと、両隣の歯にばねをかけてささえるという仕組みです。
総入れ歯の場合は、歯茎の上に乗せて使用をします。
入れ歯についてですが、慣れるまで時間がかかってしまう。
という点があります。
歯の中に今までになかったものが、入ってくるということになるからです。
異物感を感じたらどうでしょうか。
なんだか気持が悪いと気になってしまいますね。
また、なんだか気になって上手に食べ物を食べられない。
という声もあり、食事が満足に出来なくなるケースがあります。
また、入れ歯に関しては手入れが必要になります。
1日の終わりには入れ歯を外して、洗浄をする必要があります。
そしてまた朝起きたらはめるなど、手間がかかるという点があります。
その点インプラントの場合はどうでしょうか?
まず洗浄をする必要はありません。
1度はめこんでもらったら、自分でお手入れをするということはなく、治療を行った歯医者さんに足を運び、定期健診を受けるという方法になります。
毎日手間をかけなくても良いので、面倒だなと思う場合にもおすすめです。
後は、しっかりとはめ込んでもらうことが出来るため、食事にも気を使わなくても良いのです。