私の前歯が抜けてしまったのは二十五歳の時の事でした。
通勤途中の階段で転んでしまった為に口元が血だらけになって、
周りの通勤途中の方からの視線も痛かったのもあれば、
スーツにも血が付いてしまった為に一旦自宅に戻らなければいけなかったですし、
会社に迷惑をかけてしまった事は今思い出しても恥ずかしくなります。
前歯が抜けてしまうと見た目が悪くなってしまうもので、
自分で見ていて悲しくなってしまって急いで差し歯を作ってもらったのですが、
このまま一生差し歯を付けた暮らしを続けていくのかと思うと憂鬱な気持ちになってきました。
そして差し歯を装着した生活が数年続いた頃にインプラントが人気だという情報を見かけたのが、
私がインプラントを受ける事になったきっかけでした。
会社の同僚にも六本木の有名なインプラント治療院で手術を受けた方が居て、
最初に見せてもらった時は相手の方に言われなければ、
どの歯がインプラントの歯なのかまったく分からない程でした。
その時の衝撃が私のインプラントへの憧れに火を付けてくれて、
私もその方が通っていたインプラント治療院と同じところに通う事にしました。
その方の言っていた通り、カウンセリング時には注意点なども詳しく教えてくれましたし、
自然に見えるインプラントという事を重視している為に、見た目に関しては何も心配していませんでした。
手術後の出来上がりを見てみると、歯茎とボルトがバッチリ一体化しているのがよく分かります。
見た目の良さにも満足いっていますが、何よりこのボルトの安定感が嬉しいです。