寒い地方である札幌では、歯がかじかんでしまいます。
歯は、物を食べ、そして会話をする際にも言語のキレをよくしてくれます。
そんな歯が、突然抜くことになったら、嫌なものです。
最近では、若い人でも入れ歯をしているという人が増えています。
若い世代から入れ歯というのも、昔の人からすれば歯がもろくなったと感じるでしょう。
しかし、当事者からすれば深刻です。
若いのに入れ歯というのはかなりのショック。
そこで、自分の歯のように使用できるインプラントを受ける人が多くなってきています。
前まではとても高額医療であったインプラントですが、今はその需要性も高まったのか、当時の半額の金額で一本のインプラントを入れられます。
治療は顎の骨に直接人工歯根であるインプラントを埋め、そして土台に人口歯を被せれば、以前の歯と同じに物を噛んで食べることも、会話も普通に話せます。
再び自分の歯がよみがえるインプラントは、近い将来入れ歯に成り代わるかもしれません。