50歳を前にして自分の歯が少なくなって行くことに心配していました。
上の歯については、4本が差し歯そして2本が入れ歯状態になっているのです。
今度これ以上歯が悪くなってしまうと、どんどん入れ歯が増える状態になってしまうのです。
ですが歯と言うものは、悪くなってしまうと抜くしか方法がないのです。
虫歯治療で終わる時は良いのですが、それが進行してしまい歯ぐきなどの悪い影響を与えてしまう時は、抜かざるを得ないと言うのです。
そんな心配を抱えていた時、前の歯1本を折ってしまいました。
笑い話に聞こえるかも知れませんが、チョコレートをかじった瞬間に折れてしまったのです。
また差し歯か入れ歯になると思い、歯医者さんへ向かいました。
そこで先生が一言。
このままでは、本当に歯が無くなってしまいます。
近い将来、総入れ歯になってしまいます。
そこでインプラントがあります。
保険が利きませんが、一度この歯を入れると半永久的に保つことが出来ると言うのです。
今のうちから準備をしておくことで、将来に備えることが大事とも言われたのです。
確かに1本、20万とか30万もかかるようです。
ですがこの埋めた歯が、一生ものとするとこれは逆もうけものと言うのです。
歯が無くなって、入れ歯にした時の不便さを知っている父から聞いたことがあったのです。
美味しいものが食べられない(味が判りいくい)、堅いものが食べられない。
などの不便さがインプラントでは有り得ないのです。