わたしは奥歯を虫歯で失ってしまいました。
奥歯というのは食べ物を噛むためにとても大切な歯なんですよね。
この奥歯がないと、物を食べるが難しくなってしまいます。
そこで、この失ってしまった歯の部分を埋めるために、入れ歯にするか?
インプラントにするか?
どうしたらいいか迷ってしまいました。
入れ歯もインプラントもどちらもメリットとデメリットがあります。
入れ歯は、インプラントに比べて費用が安くすむというメリットがあります。
ただ、入れ歯の場合は物が食べにくかったり、お手入れが面倒くさいというデメリットもありますね。
それに対して、インプラントの場合は自分の歯と同じように食べ物を食べることが出来るようになります。
見た目も天然の歯と変わらないということもメリットだと思います。
ただ、インプラント治療は、保険の適用外となってしまうので、治療費が高額になってしまうというデメリットがあります。
あごの骨を削るという手術もちょっと怖そうなイメージがありますよね。
そこで、京都でたくさんのインプラント治療の実績を持っている歯科クリニックに相談してみることにしました。
その歯科クリニックの医師の話によると、インプラントはいったん埋めてしまえば長持ちするので、ずっと使えるのだそうです。
手術も年齢が若い内に受けた方が治癒も早いとのことでした。
そう考えると、高齢になってから受けるよりは、少しでも若い今の内にインプラントにしてしまったほうがいいかもしれませんね。
思い切って、そのクリニックで手術を受けてみようかと思っています。