最近は歯槽膿漏を患っておられる方が老若男女問わず非常に増えているためか、本来であればまだまだ自分の歯でバリバリ食べられるはずの世代であっても、ご自身の歯を欠損されてしまうケースが増えてきているみたいですね。
かく言う僕自身も現在四十代半ばであるにもかかわらず、下の前歯が四本抜け落ちてしまったので、この歳で恥ずかしながら入れ歯を作ってもらい半年ほど使用していました。
しかしやはり入れ歯は入れ歯であり、自分の歯のように硬い物は食べられないし、時折入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まると非常に痛い思いをしなければならないので嫌気が差してしまい、遂に決心して抜けた歯を全てインプラント手術を受けて補う事にしました。
僕の現在住んでいる浦和には、本当に膨大な数のインプラント手術を実施しているクリニックがあるので逆に絞り込むのに苦労したぐらいなのですが、結局実際にカウンセリングを受けて一番感じが良かった先生がいたクリニックを選択しました。
ネットなどで実際に手術を受けられた皆さんの口コミなどを見ていると、結構痛いといった書き込みがされているのを目にしたので、正直手術前は相当緊張してしまいましたが、実際に受けてみると手術時間も一時間足らずで完了しましたし、麻酔が切れた後の痛みも想像していたのと比べたら全然大した事はなかったので、こんな事ならもっと早く手術を決心すれば良かったと正直思いました。
おかげで今では昔のように、大好きなカリントウも気兼ねなくバリバリ食べていますよ。